会員専用インターネット経営情報サービス
ここから先は(株)経営ソフトリサーチのサイトへリンクします。
企業情報照会
  • 東京TYフィナンシャルグループ
  • 東京都民銀行
  • 八千代銀行
  • 新銀行東京
  • ネットセミナー
  • ネットセミナー ログイン
  • はじめての方へ サンプル視聴・ネットセミナー申込はこちらから
    ※ここから先は、 (株)イー・ブレーンのwebサイトに移動します。
    リンク先のコンテンツは当該会社が管理しています。

セミナー情報

セミナー名
絶対に押さえておくべき
税務調査の基本と対策
税務調査は一般的にネガティブなイメージがあり、取扱いの判断が難しいケースや、処理を間違えやすいために、少なからず税務調査の現場でトラブルになることが少なくありません。とはいえ、もちろん押さえるべきポイントがあります。それは税務調査で必ずチェックされる項目や指摘を受けやすい項目については、該当する条文や通達の本質を正しく理解し、かつ、適正な処理であることを主張できる帳簿や証拠資料を整備しておくことです。
本セミナーでは、数多くの税務調査に立ち会っている経験豊富な講師が、実際の調査事例を交えながら、指摘を受けやすい項目や間違った処理をしやすい項目について、勘定科目別にわかりやすく解説します。

酒井 啓二氏
対象
1.中小企業の社長、役員
2.経理担当役員、担当者
3.具体的な税務調査の予定がある会社
4.しばらく税務調査に入られていない会社
受講者にはこんなメリットが
【総論】
・税務調査の基本的考え方、対応策が学べます。
・税務調査の前〜最中〜後、に何をすべきか、その流れが分かります。
・本講座を受講することで、現在の処理を見直し、その後の経理処理に役立てることができます。
【各論】
・税務調査で確実にチェックされる項目について、勘定科目別に、優先的に解説します。
・解釈について誤りやすい項目をひととおりチェックします。
・それぞれの項目において、講師が実際に立ち会った事例を中心に注意すべきポイントを解説します。
日時
2018年2月7日(水)
13:00〜17:00
講師
辻・本郷税理士法人常務執行理事
酒井 啓二氏(さかい けいじ)
受講料
会員 1名様
8,640円(資料代、消費税込)
一般 1名様
19,440円(資料代、消費税込)
会場
とみん神田ビル 3階セミナー会場
千代田区神田小川町3-3(東京都民銀行神田中央支店と同じビルです)
(地下鉄「神保町駅」徒歩5分)
→地図はこちら
内容
カリキュラム
  1. 【はじめに】最近の税務調査の報道事例と傾向
  2. 【総論】税務調査を受けるにあたって必要な事前知識
  3.   事前に何をしておくべきか
  4.   実地調査では何をするのか
  5.   調査のあとに何をすべきか
  6.   ペナルティの種類と負担
  7. 【各論】勘定科目別に押さえる重要ポイント
  8.   売上・原価関係
  9.   売上・売上原価関係に関する指摘事例
  10.   役員報酬・給与関係
  11.   給与・福利厚生費に関する指摘事例
  12.   固定資産関係
  13.   固定資産関係に関する指摘事例
  14.   その他の収益・費用関係
  15.   その他の収益・費用関係に関する指摘事例
  16.   関係会社間取引関係
  17.   関係会社間取引に関する指摘事例
お申込
お申込受付後、受講証・会場への地図・ご請求書(振込用紙)を郵送いたします。受講料は、振込用紙記載の口座へお振込みください。